【セッション体験談・ご感想】ピラミッドを歩く女の子とインナーチャイルド

 

ヒプノセラピーのZOOMセッションの嬉しいご感想をいただきました。

ご掲載の許可をいただきましたので、ご紹介します。

 

初めましてで緊張したけどすぐにリラックスできた

とある日の午前中、ZOOMにて初対面の美奈子さんと「はじめまして」からのおしゃべり。

お互いのことを全く知らない状況で受けるヒプノセラピーは少し緊張しましたが、すぐにリラックスでき、心地よく誘われました。

軽く眠りかけてウトウトしている状態。

美奈子さんの声かけが気持ち良いので、そのうち寝入ってしまわないか心配していましたが大丈夫でした(笑)

セッション

 

催眠状態で出てきた、ピラミッドを歩いていく女の子

きれいなお庭や小川を渡っているうちに出てきたのは10歳の女の子。

大きなピラミッドの中をどんどん歩いていく女の子でした。

でも歩き進んでも何もありません。

 

これは10歳の私が受けた大きな衝撃だったと言われたのですが、初めはピンときませんでした。

けれどもよく思い出してみたら、確かにその頃そのような場所に行ったことがあったのでした。

 

ピラミッド

 

私はとある宗教に熱心な母と、クリスチャンの祖母に挟まれ、父はどちらからも逃げ腰で無宗教

と言う環境で育ち、幼い頃から宗教ってなんだろうと常にぼんやり考えている子供でした。

家庭内宗教戦争でしたから、小さい頃の自分は目に見えない苦しみを常に持っていたと思います。

 

セラピーで出てきた女の子は、その頃、母と遠足気分で出かけた、宗教団体の大きなお寺に行った時の記憶だったようです。

大好きな母が信奉する宗教とやらを知ってみたいという好奇心旺盛な10歳の私。

 

でも心の中では大好きな母を取られてしまっている(と感じている)宗教で、しかもその虚構が見えてますます嫌な気持ちになっています

確かに今の自分の宗教観を確立する原点になった場所と体験だったのかもしれません。

 

場面を変えて現れたのはインナーチャイルド

その後、場面を変えて見えてきたのは井戸らしい穴の中にいる、昔の着物姿で髪を結った5歳くらいの女の子です。

隠れる女の子

この子が私のインナーチャイルドだったようで、見えたときになんの感情もないのに涙がポロポロと溢れてきたのに驚きました。

 

4歳違いの弟が生まれて、母や家族の愛が全て弟に注がれている(気がしていた)ので寂しくて、かまってほしくて、自分から井戸の中に隠れていたようです。

そんな5歳の女の子を、今の私が見つけてあげられて本当によかった

 

「やっと見つけたよ。がんばったね、寂しかったんだね。」

「もう大丈夫だよ。お利口さんだったね。」

と声をかけてあげたら、背中を向けていた女の子がこちらを向きニコニコ笑って喜んでいました

砂時計

 

セラピーの時間は自分の体感では1時間ほどでしたが、目覚めて時計を確認したら2時間半も経過していました。

時空を超えた感覚です。

現実に戻った浦島太郎ってこんな感じだったのでしょうか笑

 

ヒプノセラピーを終えて、幸せでワクワク

セラピーを終えた後は、スポーツをした後のような心地よい疲れ方で、その夜は早めに就寝しぐっすり眠れました。

今回、インナーチャイルドの5歳の女の子と出会えたので、きっとこれからも彼女を抱きしめたり、可愛がってあげながら今の私、これからの私も一緒に前進していけるのだと思います。

それに気づけたことが幸せで、とてもワクワクしています。

また機会があればセラピーを受け、違う時空の私と出会ってみたいな!と思います。
ヒプノセラピーを受けるまでは

「わざわざ受けてみるほど現状の私に困難なことなどない」

と思っていたのですが、それは心の蓋をしていただけだったようです。
今回、ベストなタイミングで美奈子さんのセラピーを受けることができたと、本当に心から感謝しています。

ありがとうございました!

 

kansou4

 

CTA1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です